トラベラーズチェック:ドル換金の賢い方法

「トラベラーズチェック」の記事一覧


銀行でトラベラーズチェックを購入

トラベラーズチェックを銀行で購入する場合は、銀行によって条件が様々な条件が設定されています。

まず気になる手数料ですが、これはほぼ横並びで2%ということになります。 シティバンクは口座を開設することで、1%の手数料になりますが、口座が無い場合は他の銀行の手数料と変わりません。

元々シティバンクに口座をもっているならいいですが、
わざわざ海外旅行のトラベラーズチェックを購入するためだけに、口座を作るというのも手間のかかる話です。 しかも口座維持費もかかるわけですし。

銀行によって異なるのが、まず購入上限ですね。
米ドルのトラベラーズチェックでいいますと、ゆうちょ銀行が300万円、みずほ銀行、三井住友銀行が、200万円が上限となっています。 シティバンクと三菱東UFJ銀行は米ドルベースで設定されていて、それぞれ、25000ドル相当と15000ドル相当と上限が設定されています。

最近の円高情勢ですと、三菱東京UFJ銀行が一番低い上限設定になってしまいますね。 円ドルの為替レートを120円くらいを想定した上限なんでしょうかね。

その他には、トラベラーズチェックで購入できる外貨の種類。
米ドル以外に扱っている通貨なども異なります。シティバンクではカナダドルを扱っていないようですが、ここで上げている他の金融機関では、米ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、カナダドルの取り扱いを行っているようですね。 こうしてみると、近くに店舗がたくさんある郵便局、つまりゆうちょ銀行が以外に便利な感じがします。

銀行でトラベラーズチェックを購入の全文を読む

郵便局のトラベラーズチェック

ゆうちょ銀行、郵便局と書いた方がまだ馴染みがあるかもしれませんが、この郵便局でも外貨換金と同じように、トラベラーズチェックの販売を行っています。

アメリカンエスプレス発行のもので、米ドルをはじめ、加ドル、英ポンド、豪ドル、ユーロ、日本円の6種類を扱っています。 当然、海外旅行から帰ってきた後のあまり分の買取もしています。

郵便局はなんせ全国に数が多いですから、利用する上ではその点非常に便利ではあります。 ただし、ゆうちょ銀行(郵便局)によっては、即時発行ではなく、取り寄せになってしまうこともありますので、時間がないときなどは事前に確認しておく方がいいでしょう。

ゆうちょ銀行(郵便局)の米ドル換金の為替レートに関しては、営業日ごとに、その日の午前11時に決定されます。 その他の通貨は12:00にその日の為替レートが決定します。

ただし、大きな為替変動などがありますと、その時間に関係なく、再度変更ということもありますので、その点には注意しておきましょう。

また、トラベラーズチェックのご購入には上限があります。
1回の申し込みで購入できるのは、日本円換算で100万円が上限となります。 売却の場合は、300万円が上限となります。 また、トラベラーズチェックと現金を組み合わせたときの合算金額では、購入、売却とも300万が上限ですので注意が必要です。

ゆうちょ銀行(郵便局)の場合は、手数料やレートなどの条件よりも、各地に店舗があり、非常に身近であるというのが最大の利点ではないかと思います。私なども海外旅行のときには、会社の近くの郵便局を利用す..

郵便局のトラベラーズチェックの全文を読む

日本円のトラベラーズチェック

トラベラーズチェックを購入する際には、ドルのトラベラーズチェックではなく、 日本円のトラベラーズチェックを購入するという方法もあります。

現在はアメリカン・エキスプレスが発行しています。
そのトラベラーズチェックの額面は円ベースで、その他の表記も日本語になっているものです。 これを現地へ行きまして、ドルへと交換するという方法もあります。

日本円を現地でアメリカ通貨に換金する方法と同じような感じですね。
ただ、日本円を現金ではなく、トラベラーズチェックで持って行くという違いです。

日本円でトラベラーズチェックを買っておくと、海外旅行からの帰国後に余った日本円を換金するわけですが、 それは、円額面のものを日本円のまま換金でするので為替変動の影響は受けませんね。 これを純粋に利点と言い切るのもおかしいかもしれませんが、最初から外貨ではないので、為替変動とは無縁なわけです。

ただし、日本円はハードカレンシーとはいっても、さすがにドルほど普及していません。 国によっては使えなかったり、都市部から離れたりすると通用しないということもあり得ます。

これは、海外旅行へ行く前に、日本円のトラベラーズチェックが、渡航先で通用するのかどうか、事前に調べておくといいでしょう。 アメリカ通貨はたいていどこの国でも通用しますので、不安があれば米ドル建てのトラベラーズでいけばいいでしょう。

後、日本円のトラベラーズチェックを海外で使用する場合は、
その時点での渡航先での為替レートが適用されますので、国内でアメリカ通貨に換金するよりはレートの面で、有利にな..

日本円のトラベラーズチェックの全文を読む

スポンサードリンク
 
プロフィール

shusei.jpg

自己紹介:トラくん
日々賢くお金を管理できるようまめに家計簿をつけてます。少しでもリスクを減らしてお金を増やすために勉強してます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。