ニュージーランドドル:ドル換金の賢い方法

「ニュージーランドドル」の記事一覧


ニュージーランドドル換金の両替店はみずほがお得

ニュージーランドドル換金の場合、どこで行うのが一番お得か?
この話に入る前にニュージーランドドルの現状ついて少し話を加えます。

そもそも、ニュージーランドの通貨は、預金や投資関係で人気があった通貨です。
その理由は金利の高さ。世界同時不況といわれる状況に突入する前の2008年の時点では8.25%の金利があり、 先進国では一番の高金利政策の国でした。

今(2010年10月)でも3%ですので高いといえる水準です。
現在の3%も7月に2.75%から上がっての3.0%であり、2009年4月から2010年5月までが2.5%、6月に2.75%、 7月に3.0%と高金利へとシフトしてきています。

では、そのニュージーランドドルを換金する時の手数料ですが、これが高いです。

前述しましたが、そもそもニュージーランドドルは日本での取引量が少ないため他の通貨と比べて手数料が高くなります。 具体的に、銀行の場合最も安いといわれるのがみずほ銀行の外貨両替店です。

みずほ銀行の外貨両替店でおよそ7%程度です。 およそといったのは、時期によって手数料の見直しが行われているのでその都度手数料を確認する必要があるからです。

窓口でニュージーランドドルの換金を行っているところはみずほ銀行しかないのですが、銀行の場合は、 窓口で行うと外貨両替店で行うよりももっと高い手数料が取られてしまいますのでご注意下さい。

そのほかには、三井住友銀行の両替店での手数料がみずほ銀行に比べて若干高い程度となっています。
ドルの場合と同様、ニュージーランドの換金もFX業者、..

ニュージーランドドル換金の両替店はみずほがお得の全文を読む

ニュージーランドドルで高金利運用

ニュージーランドドルといいますと、まず金利の高さが有名です。
ニュージーランドドルの政策金利は2010年7月現在3.00%2008年の時点の8%には及びませんがそれでも相対的には高金利といえる状況ですね。

ちなみに海外旅行などでニュージーランドドルを換金したい場合は、
むしろ日本国内で換金するよりも、ニュージーランドで換金した方がお得なようです。

まず、ニュージーランドドルが日本ではマイナー通貨で取引量が少ないことで、レートは比較的悪いです。 逆にニュージーランドルを本国で円から換金する場合、円がハードカレンシーということで扱い額も多く、レートは日本より有利になります。おおよそ1ニュージーランドドルに対し1円〜2円といったところです。

レートは2010年8月には1ニュージランドドルで60円を切る円高状態になっていました。
今でも62円前後で推移しており、円が強いといいえる状況でしょう。

しかし、過去にニュージランドの高金利で外貨預金していた人などは、換金できない状況になっているかもしれませんが。

こうなると、ニュージランドの高金利と為替相場の流れをみて、ニュージランドドル預金でもしてみようかという気にならなくもないです。また、FXに関しても、為替や金利などで、勝負をかけることができる人は自己責任でやってみるのもいいのかもしれません。

ニュージーランドドルで高金利運用の全文を読む

スポンサードリンク
 
プロフィール

shusei.jpg

自己紹介:トラくん
日々賢くお金を管理できるようまめに家計簿をつけてます。少しでもリスクを減らしてお金を増やすために勉強してます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。