小切手:ドル換金の賢い方法

「小切手」の記事一覧


リンクセンスで手数料を安く小切手換金

リンクセンスは小切手専門業者の中でもよく知られている業者です。

そもそも小切手を換金する場合、銀行では比較的手数料が高いという点がネックでした。
手数料ができるだけ安いところでとお考えであれば、
リンクセンスなどの小切手換金専門業者に小切手を持っていった方が安くなります。

リンクセンスは、日本で比較的利用されている会社なので知っている人もいるかと思います。
リンクセンスの手数料は、2010年1月改定の手数料でご説明すると、
米ドルの小切手30ドル未満であれば2000円、米ドル小切手30ドル以上であれば1枚あたり1800円となっており 銀行などに比べると遥かに安い手数料。

そのほかの小切手換金業者としてGet 2 Cashなどがあるようですが、
ネット上で見る限りリスクがあるように感じます。

小切手の際、お金を扱う訳ですから、口コミなど事前に下調べを行い信頼のおける会社で換金した方がいいです。
どこがいいか自分の責任で納得できるまで探すのが一番です

もしもそういったリスクが不安な方は多少手数料が高くとも銀行で行うのもひとつの手です。

また、リスクを考えた上で米ドル小切手では、注意すべき点がいくつかあります。
米ドル小切手は発行日から半年以内に換金しないと紙切れになります。忘れないように早めに換金しましょう。
ただ、小切手換金できる専門業者の中には期限切れの小切手でもできるところもあります。

またそのほかのリスクとして小切手の場合、「不渡」のリスクもあります。
換金はしてくれますが更に手数料が上乗せになります。額面によ..

リンクセンスで手数料を安く小切手換金の全文を読む

ドル小切手換金方法

米ドルの小切手を換金する場合、どのような方法があるのでしょうか。
方法としては、2つあるわけですね。

  • ひとつは銀行にもっていって換金してもらう方法。
  • もうひとつは、小切手換金の専門業者に行って換金してもらう方法です。

日本の銀行で換金する場合、その手数料も高いです。
小切手1枚につき、手数料が3000〜5000円とりますので、額面によってはマイナスになるという、
何をやっているのだか分からない状況になります。

銀行で安いのはシティバンクです。口座をもっていれば手数料はゼロです。

口座開設は、無料。作る手間を無視するなら、作るだけならさほどハードルは高くありません。 しかし、口座を作った後の、口座管理料が、月に2100円かかりますので、維持費用の面でマイナスです。

何かしらドル小切手を使う海外取引が頻繁にあるなら選択肢に入るでしょうが、 一時的なものなら、あまり意味がないかもしれません。

ただし、口座に20万円以上の金額を預けておくならば、ドル小切手の換金手数料は無料になります。

銀行以外では、リンクセンスが10ドル以上の額面の小切手1枚で1000円の手数料。10ドル以下なら2枚で1000円ですね。 他にもいくつか、銀行以外の以外の業者はありますが、どう換金するかは、信用などを含め自分で判断していくしかないと思います。

ドル小切手換金方法の全文を読む

スポンサードリンク
 
プロフィール

shusei.jpg

自己紹介:トラくん
日々賢くお金を管理できるようまめに家計簿をつけてます。少しでもリスクを減らしてお金を増やすために勉強してます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。