円キャリー取引とは:ドル換金の賢い方法

「円キャリー取引とは」の記事一覧


ドルキャリー取引との関係

まず、「ドルキャリー」とは何か?ということですね。 これには、金利というところから説明します。 まず、各国とも、中央銀行が中央銀行からの貸出金利というものを決めます。 これが、その国の金利が、「高い」、「低い」といった評価の基準になるわけです。 普通は景気が悪くなりますと、通貨供給量を増やすため、金利を下げるわけですね。 「○○キャリー」というのは、要するに金利の低い国からお金を借りて、金利の高い国の通貨に交換するということです。 「ドルキャリー」というならば、ドルの金利が安いときに、多国の通貨を買って、その金利で差額分で儲けを出そうとする取引ですね。 これが、円ドル相場と同関係するのか?といいますと、この「ドルキャリー」が多くなると円高が進行するという仕組みになっているということです。 まず、日本の低金利政策は有名で、もう何年も続いています。低金利が当たり前で、高金利の時代なんか生まれてこの方知らんという人もいるかもしれません。 ドルの金利が下がったといっても、金利面でみたら、円も低金利。 しかし、その差が相対的になくなってくるというのは、「ドルキャリー」取引が増えてくる要因になります。 結局、ハードカレンシー(国際決済通貨)といわれるいくつかの通貨があります。ドル、ユーロ、そして円も含まれます。 この中で、「相対的に不安がなく、安定してるんじゃ?」という、判断が市場にありますと、円に人気が集中します。 おまけに、金利差がさほどではなくなれば、円を買うハードルは低くなります。 ということで、「ドルキャリー」取引と、円ドル相場とはこの..

ドルキャリー取引との関係の全文を読む

FXと外貨預金

FXと似ているものに、「外貨預金」があります。 実際、これは似てはいるのですが、細かいことを見ていくと色々違いがるのです。 まず、「FXやりたい」と思ったら証券会社へ、「外貨預金やりたい」と思ったら銀行や信用金庫へ。 というように、取り扱いの機関からして違ってきます。 外貨預金の目的といいうのは、「日本の安い金利より、外国の高い金利で儲ける」、「日本円の価値低下に備えておく」、それに伴って「為替差益も期待できる」といったものでしょう。 そのために、まず始めるにはある程度のまとまった資金が必要です。10万円くらいからと謳っている金融機関が多いですが。 結局、外貨預金にもいくつかの危険性はあります。 まず、円高が進めば、元本割れすることも考えられます。また、途中の解約というのが難しいものが多いです。 更に、両替時の手数料は、FXに比べて割高。1ドルあたり3円前後になります。 少しの為替利益はこれですっ飛びます。 一方、FXは、少ない元手で始めることもでき、いつでも決済できます。 為替レートが円高になっても、自分の判断次第で儲けることが可能です。外貨預金では身動きできませんけどね。 まあ、短期で一気に利益を上げるということならFXはその可能性をもっています。 ただ、一方でそのため大きなリスクがあるということも忘れてはなりませんね。

FXと外貨預金の全文を読む

円キャリー取引とは

円キャリー取引とは、円を借り入れて、相場や証券、一般金融資産などを入手し、一定間保持して、その間の価格変動を見ながら、資産を売却。 その差額を利益とする取引です。 日本の長期にわたる低金利政策で、円の借り入れの金利は低水準なわけです。 2006年7月にゼロ金利政策は一応解除されましたが、それ以降も相対的に低金利であるという事実は変わりません。 この円キャリー取引は、単純に言ってしまえば、円を借りて、それをもっと金利の高い通貨に変えて運用するというようなものです。 しかし、日本の金利が相対的に低いといっても、各国の経済情勢も良くはなく、その差は相対的に埋まってきます。 そうなると、この取引を行っていた金融機関などは、早めに円の回帰を進めていきます。 そして、それが更に円高を生んで、更に、円買いの動きを加速するといった円高へのアクセルが踏まれていくのです。 こうなると、円の買戻しは止まることなく、円高ドル安へと進むことになります。 ドルら円への換金が多くなっているという取引の結果が円高であるわけです。 円高という状況は市場が円を買い戻す状況になっているわけですね。 そうなれば、「円キャリー」取引というものはかなりリスクが高いものになっていると言えます。 結局、日本の低金利と、円が相対的な安値であることが前提で実施されるものですので、円高ドル安の見通しに変更がない限りリスクは高いと言わざるを得ないものでしょう。

円キャリー取引とはの全文を読む

スポンサードリンク
 
プロフィール

shusei.jpg

自己紹介:トラくん
日々賢くお金を管理できるようまめに家計簿をつけてます。少しでもリスクを減らしてお金を増やすために勉強してます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。