FXとの違い:ドル換金の賢い方法

「FXとの違い」の記事一覧


FXと外貨預金

FXと似ているものに、「外貨預金」があります。 実際、これは似てはいるのですが、細かいことを見ていくと色々違いがるのです。 まず、「FXやりたい」と思ったら証券会社へ、「外貨預金やりたい」と思ったら銀行や信用金庫へ。 というように、取り扱いの機関からして違ってきます。 外貨預金の目的といいうのは、「日本の安い金利より、外国の高い金利で儲ける」、「日本円の価値低下に備えておく」、それに伴って「為替差益も期待できる」といったものでしょう。 そのために、まず始めるにはある程度のまとまった資金が必要です。10万円くらいからと謳っている金融機関が多いですが。 結局、外貨預金にもいくつかの危険性はあります。 まず、円高が進めば、元本割れすることも考えられます。また、途中の解約というのが難しいものが多いです。 更に、両替時の手数料は、FXに比べて割高。1ドルあたり3円前後になります。 少しの為替利益はこれですっ飛びます。 一方、FXは、少ない元手で始めることもでき、いつでも決済できます。 為替レートが円高になっても、自分の判断次第で儲けることが可能です。外貨預金では身動きできませんけどね。 まあ、短期で一気に利益を上げるということならFXはその可能性をもっています。 ただ、一方でそのため大きなリスクがあるということも忘れてはなりませんね。

FXと外貨預金の全文を読む

FXと両替

FXという言葉を目にしたり、耳にしたりしたことのない人はいないでしょう。 本屋さんにいけば、この種の本が平積みです。

まあ、一時よりは減ったのかもしれませんが、まだかなりの面積を占めています。 この「FXとはは何ぞや?」ということからいいますと、日本語で言えば「外国為替取引」のことなわけです。

要するに、「円を外国のお金(ドルだったり、ユーロだったり)に両替すること」です。 そして、この目的が「利益を出すこと」なわけです。

ドルと円を両替する。本当に簡単に言ってしまえばこれがFXです。 その行為だけ見れば「両替」ということになります。

しかし、海外旅行に行くために、
使うお金を両替するということと、行為は同じでも、その目的が異なるわけです。

両替して使うのではなく、為替レートの変動を読んで、
その中で利益を出すということがFXの目的です。
シンプルな流れを言えば、円が高いときに、その高い円で、ドルを仕入れる。

ドルが高くなってきたら、そのドルで円に換金する。
手数料を考慮して、その分を超える差益がでるなら、この取引で利益を出すことができるわけです。

単純に、円が高いときにドルを買って、円が安いときにドルを売る。
こういうことです。 言葉で言えば簡単な話ではありますが、利益を出そうとすればそれはそれで別問題。

それはFXに限った話ではなく、世の中全ての取引について言えることではありますが。

FXと両替の全文を読む

スポンサードリンク
 
プロフィール

shusei.jpg

自己紹介:トラくん
日々賢くお金を管理できるようまめに家計簿をつけてます。少しでもリスクを減らしてお金を増やすために勉強してます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。