手数料について:ドル換金の賢い方法

「手数料について」の記事一覧


トラベラーズチェックの手数料

海外旅行などに行くときに、安全性が高く、手数料も安いといわれているのが、旅行者向けの小切手である「トラベラーズチェック」ですね。

多額のドルなんかを持ち歩いていると不安になったりしますが、このトラベラーズチェックは小切手ですので、盗難や紛失に対しても再発行で対応してくれますので、安心感があります。

また、使用期限もありませんし、余れば換金してくれるので、大量の現金を持って歩くのは怖いという人や、海外でのカード使用に警戒感のある人には便利なものとなっています。

このトラベラーズチェックは、ゆうちょ銀行や外貨を扱う銀行外貨ショップなどで購入できます。その購入にあたっては当然手数がかかるわけです。この点では現金でドル換金をするような場合と同じですね。こちらも普通は手数料がかかりますので。

トラベラーズチェックの手数料は、購入するときに額面価格の1%から3%の手数料がかかります。 この手数料はトラベラーズチェックを購入する金融機関によって異なります。

基本的には大手銀行の手数料は2%が相場ですね。
中にはそれにプラスして額面に関係なく一律で基本手数料が発生する銀行もあるようです。

これは、現時点(2010年11月)の調査ですので、変更があるかもしれません。 直接金融機関のサイトで確認するのが確実です。 また、手数料は日本の税法では消費税の課税対象外となりますので、手数料自体に消費税がかかってくるということはありません。

手数料が安い銀行は、シティバンクでしょう。同銀行に口座を持っている場合は、1%となりますね。その他、セシールの通販サ..

トラベラーズチェックの手数料の全文を読む

手数料をお得にする方法

ドル換金する際に、気になるのが手数料。 単純に為替だけを考えていくわけにもいかないのが難しいところ。 普通、ドルへの換金ということで頭に浮かぶのは銀行や、その関連の外貨専門店。 銀行などですと、ドルに対し、為替リスクを織り込んで手数料を上乗せしてあります。 手数料は、概ね1ドルに対して3円前後といったところですね。これは、銀行系の両替専門店がちょっと安めで2.8円から2.7円といったところですね。 ところが、FX業者は手数料の面ではかなり優遇してくれる。 マネーパートナーズ 、ひまわり証券などのFX業者ですね。要するに証券会社。 ですから、そこで口座開いてもらうことが目的。よって単に換金だけではダメなんですね。 口座作らないといけない。 しかし、それほど大げさでもない。 この口座開設もインターネットからの申し込みで、できますし、そのための費用もかからない。 キャンペーン中だと、なんらかのポイントがついたりする。 とにかく、両替時の手数料はそういったトータルサービスの中の一つなのでかなり安く設定されている。 1ドル20銭ですよ。 まあ、普通にここが一番でしょう。 おまけに、為替はリアルタイムで反映しますし、24時間対応。 この他にも、大黒やなどの質屋さんでも換金できますが、そこでは1ドル2円くらい。 やはり、手数料をお得にするということなら、FX業者を利用するということになるのでしょうかね。

手数料をお得にする方法の全文を読む

スポンサードリンク
 
プロフィール

shusei.jpg

自己紹介:トラくん
日々賢くお金を管理できるようまめに家計簿をつけてます。少しでもリスクを減らしてお金を増やすために勉強してます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。