お得な方法とは:ドル換金の賢い方法

「お得な方法とは」の記事一覧


トラベラーズチェックを購入する方法

トラベラーズチェックを購入する方法は簡単です。

まず、「外国為替公認銀行」の看板を出しているところへ行けばいいわけですね。 マイナーな通貨では取り扱いがないですが、米ドルであればまずどこでも取り扱っています。

金融機関に出かけるときに忘れてはいけないのが、パスポート。窓口ではパスポートを提示して申込書を提示しますから。

実際にドル換金を現金で行おうが、トラベラーズチェックで行おうが、手数料が発生しますね。 長期の海外旅行などでまとまった金額が必要な場合は、この手数料も馬鹿になりません。 こうなると、どうにかして、手数料を安くする方法はないかということを考えるわけですね。

銀行などの金融機関は横並びで手数料2%というのが相場です。
シティバンクは口座を作るという方法をとれば、手数料が1%となりますが、シティバンクの口座維持費は、平均口座残高の外貨部分が20万円相当に満たない場合月額2100円の手数料がかかりますので、海外旅行のためにこの方法をとるのは、難しいかもしれませんね。 元々口座を持っているとうなら、推奨の方法ではありますが。

その他、手数料に関しては、その時々に応じてキャッシュバックキャンペーンなどもやっていますので、 手数料がキャッシュバック金額で相殺されて、結果としてかからなかったという方法もあるでしょう。 ただ、タイミングよく自分が海外旅行へ行く時期に会うかどうかはわかりませんが。

また、カード会社によっては、そのカードでトラベラーズチェックを購入すると手数料なしというサービスを展開しているところもあります。実際海外旅行..

トラベラーズチェックを購入する方法の全文を読む

ドルを換金する目的

ドルに換金する理由としてどのような理由が考えられるでしょうか。 例えば、最近のドル安で海外旅行で買い物する際には、ドルで買い物をすることに為替的にメリットが出てきています。 ドルに換金するひとつの理由として、まず海外旅行が挙げられるでしょう。 また、資産の分散という理由も考えられます。 特に老後の資産を日本円だけで持つのは不安なので、外貨(ドル)で資産を持ってリスクを分散しておきたい。という人もいるではないでしょうか。 他にもドルに換金する理由として、 海外留学も身近な例のひとつです。もちろん海外留学の場合、海外留学に出発する前に、円をドルに換金する必要もありますが、海外に留学してからも、例えば海外に住む息子にお金を送金する場合もドルに換金する必要が出てきます。このようにドルに換金する目的は人それぞれで様々な理由があります。 このサイトでは、目的は違えど、ドルを換金する際一番気になる手数料の問題(どこが一番安いのか・金融機関比較)、お得な両替の方法、などドル換金する方にとってこれを知っておけばお得!という情報を発信していきたいと思います。 またドルを資産として持つことを考えている方の中には、「昔はドルが一番強い通貨って言われてたけど、今の状況はどうなの?大事な資産をドルで持っていて大丈夫??」といったことを考えている方もいるかもしれません。 そのため、このサイトでは単にお得にドルを換金する方法だけでなく、その後ドルを資産として持った時の事を考えて、今後のドルの価値の見通しやそれに関連してアメリカの国債についても触れていきたいと思っています。..

ドルを換金する目的の全文を読む

ドルにはいろいろな種類がある

ひとくちにドルと言っても、ドルには様々な種類があります。例えば、ドルの種類として、カナダドル、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、台湾ドル、香港ドル、シンガポールドルなどがあります。そもそもなんでドルにはいろいろな種類があると思いますか?それは、歴史的背景が関連しています。ドルという通貨はもともとイギリス植民地用の通貨として使われていました。そのため、イギリスから独立した国はその名残でドルと言う通貨を今でも使っているのです。そのため、様々な種類のドルが存在します。もちろん、通貨価値は違いますし、為替レートも違います。 ここでは、USドルで話を進めていきますが、ただ単純にドルに換金するのであれば、銀行や郵便局でドルを円に換金することが出来ます。銀行や郵便局にいけば、何の知識がなくとも「ドルに換金したい」と言えば、ドルに換金するための説明を受けることができますのでほとんどの人がドルに換金することが出来るでしょう。しかし、やっぱりできるだけお得に換金したいのがホンネです。例えば手数料のことを考えると、必ずしも郵便局や銀行で換金するのが一番いいとはいえません。また為替ですので時期によって為替レートが異なります。そのため外貨預金という形で銀行に口座を作ってドルの為替の推移を見ながら、換金する時期を決定するというのもひとつの手です。銀行に任せれば何の知識もなく換金することも出来ますが少し知識をつけるだけでお得に換金する方法はあります。

ドルにはいろいろな種類があるの全文を読む

スポンサードリンク
 
プロフィール

shusei.jpg

自己紹介:トラくん
日々賢くお金を管理できるようまめに家計簿をつけてます。少しでもリスクを減らしてお金を増やすために勉強してます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。