銀行でトラベラーズチェックを購入:ドル換金の賢い方法

銀行でトラベラーズチェックを購入

トラベラーズチェックを銀行で購入する場合は、銀行によって条件が様々な条件が設定されています。

まず気になる手数料ですが、これはほぼ横並びで2%ということになります。 シティバンクは口座を開設することで、1%の手数料になりますが、口座が無い場合は他の銀行の手数料と変わりません。

元々シティバンクに口座をもっているならいいですが、
わざわざ海外旅行のトラベラーズチェックを購入するためだけに、口座を作るというのも手間のかかる話です。 しかも口座維持費もかかるわけですし。

銀行によって異なるのが、まず購入上限ですね。
米ドルのトラベラーズチェックでいいますと、ゆうちょ銀行が300万円、みずほ銀行、三井住友銀行が、200万円が上限となっています。 シティバンクと三菱東UFJ銀行は米ドルベースで設定されていて、それぞれ、25000ドル相当と15000ドル相当と上限が設定されています。

最近の円高情勢ですと、三菱東京UFJ銀行が一番低い上限設定になってしまいますね。 円ドルの為替レートを120円くらいを想定した上限なんでしょうかね。

その他には、トラベラーズチェックで購入できる外貨の種類。
米ドル以外に扱っている通貨なども異なります。シティバンクではカナダドルを扱っていないようですが、ここで上げている他の金融機関では、米ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、カナダドルの取り扱いを行っているようですね。 こうしてみると、近くに店舗がたくさんある郵便局、つまりゆうちょ銀行が以外に便利な感じがします。

トラベラーズチェック

スポンサードリンク
 
プロフィール

shusei.jpg

自己紹介:トラくん
日々賢くお金を管理できるようまめに家計簿をつけてます。少しでもリスクを減らしてお金を増やすために勉強してます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。