トラベラーズチェックのレート:ドル換金の賢い方法

トラベラーズチェックのレート

トラベラーズチェックのレートに関しては、色々な金融機関で、
通貨で換金する場合のレートが表となっているページを見たことがあるのではないでしょうか。

見たことが無い人は、「外貨両替 レート」で検索すれば、
いくつかの金融機関でどのようになっているか確認できると思います。

例えば、東京クレジットサービスという会社のページを見てみます。 レートの一覧表に掲載されていますCHASHが現金、T/Cがトラベラーズチェックですね。

まず見てすぐに、気づく点があると思います。
明らかにトラベラーズチェックを購入した方が、現金で換金するより、レートが有利になっているのですね。

上記の会社の例でいきますと日本円からドルへ換金の場合は、現金のときには、85.90円。 トラベラーズチェックのときには、84.10円です。このトラベラーズチェックの方が、有利な傾向はどの金融機関でも変わりません

トラベラーズチェックの為替は、電信売相場(対顧客電信売相場)といいまして、一般には「TTS」と表記されています。これは外貨預金などにも適用されます。

一方で現金で換金するときに使用する為替レートは、電信買相場(対顧客電信買相場)といいまして、一般には、「TTB」と表記されています。この場合、取引形態の違いにより仲介人に支払う手数料が違ってきます。その差が、レートの差となってくるのです。

トラベラーズチェックは、額面が決まっていて、細かな買い物に使うのは面倒なものですが、紛失、盗難時の保証と合わせレートの面でも有利ですので、海外旅行のときには便利なものとなりますね。

レートについて

スポンサードリンク
 
プロフィール

shusei.jpg

自己紹介:トラくん
日々賢くお金を管理できるようまめに家計簿をつけてます。少しでもリスクを減らしてお金を増やすために勉強してます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。