レートは買い手と売り手の取引結果:ドル換金の賢い方法

レートは買い手と売り手の取引結果

レートについて、もう少し触れたいと思います。

毎日ニュースを見ていますと「円高ドル安」というような言葉が耳に入ってきます。 これは為替レートに関するニュースですね。この為替レートとは何でしょうか?

これは、日本の「円」を外国の通貨に換金する場合の交換割合のことです。 例えば、1ドル80円50銭ということにれば、換金するのに80円50銭必要だということになります。

このような2つの国の間の通貨の換金の相場を「為替レート」、
とくに為替ということが分かっている場合は単に「レート」といいます。

このような通貨に関しても必ず、売り手と買い手がいるのですね。

円からドルを換金して欲しい人もいれば、ドルから円に換金して欲しい人がいるわけです。
このレートを決めるのは、このような人たちの取引で双方が納得行く形で決まっていくわけです。 経済の原則である「神の見えざる手」というものが働くわけですね。

ちなみに、為替レートは時々刻々と変化していきます。
ニュースで報道されるのはこれですね、ただ実際の市場における取引は、このレートは参考値にしかなりません。

なぜならその過去の市場での換金の結果で現在のレートが決まっているのです。これは決まった瞬間過去になるわけです。

特にFX市場における為替レートは、世界中で、売る側と買う側の取引が同時並行でいくつも存在しています。 あくまでも双方で納得すれば成立する取引になります。

その市場ではお互いに利益を上げようとする動きもあれば、為替全体で見れば、そうではない本当に両替としての動きもあるわけです。
そして、そのような動きの中で、また新しい為替レートが生まれてくるわけなのです。

レートについて

スポンサードリンク
 
プロフィール

shusei.jpg

自己紹介:トラくん
日々賢くお金を管理できるようまめに家計簿をつけてます。少しでもリスクを減らしてお金を増やすために勉強してます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。