レートが円高に続く現在:ドル換金の賢い方法

レートが円高に続く現在

レートについてドル換金では気になりますね。
今はかつて無いくらいの円高のレートが続き、毎日のようにニュースになっています。
基本的に円がドルに対して高いというのは、自国の通貨に価値が上がっているということで、本来であれば、喜ばしいことなんですけどね。

世界にはジンバブエのように自国通貨のレートが成立せず、
自国通貨が紙くずというか、下手すると紙の原料や印刷代の方が額面金額よりも高いみたいなことになってしまうわけです。

さて、このレート決定の仕組みですが、最近の円高ドル安の話を含めつつ説明をしていきます。

経済関係者がよく言いますのが、「円が強いというよりドルが弱い」という話ですね。ドルに対する信用が落ちているのです。

では、ドルの信用が落ちているというのはどういうことか、この先もどんどん価値が下がっていくのではないかという懸念があるということですね。この部分の分析は経済情勢や、金利政策、政治情勢などの様々な要因から分析します。

とにかく、多くの人がドルは価値が下がっていくだろう、そうなればドルで資産をもっておくと、自分の資産がレートの変動で自然に目減りするんじゃないか?と考えるわけですね。

それで、資産をもっている人は世界を見渡します。世界の通貨は、「ハードカレンシー」という世界中どこでもどこの国の通貨とも自由に交換できる通貨と、それ以外のその発行する国内で通用する通貨と2種類存在します。 ドル、円、ユーロ、ポンドなどが、有力なハードカレンシーと評価されています。

ドルの価値低下のために、資産を持っている人は、リスク回避のために、ドルを売って、他国の通貨に変えていきます。 まあ交換のメインは上記のハードカレンシーとなるわけですね。 こうなってくると、ほぼ円を換金先として選ばざるを得ないというのが、現在の状況です。

ドルが売られ、円が買われる。円への換金とはこのような意味がります。 そして、どのような取引でも需要が多く供給が少なければ、値段は上がっていくのです。 今の円とドルのレートの関係は、大雑把に言えば上記のような理由で、円高に動いているのです。

レートについて

スポンサードリンク
 
プロフィール

shusei.jpg

自己紹介:トラくん
日々賢くお金を管理できるようまめに家計簿をつけてます。少しでもリスクを減らしてお金を増やすために勉強してます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。