ドルキャリー取引との関係:ドル換金の賢い方法

ドルキャリー取引との関係

まず、「ドルキャリー」とは何か?ということですね。 これには、金利というところから説明します。 まず、各国とも、中央銀行が中央銀行からの貸出金利というものを決めます。 これが、その国の金利が、「高い」、「低い」といった評価の基準になるわけです。 普通は景気が悪くなりますと、通貨供給量を増やすため、金利を下げるわけですね。 「○○キャリー」というのは、要するに金利の低い国からお金を借りて、金利の高い国の通貨に交換するということです。 「ドルキャリー」というならば、ドルの金利が安いときに、多国の通貨を買って、その金利で差額分で儲けを出そうとする取引ですね。 これが、円ドル相場と同関係するのか?といいますと、この「ドルキャリー」が多くなると円高が進行するという仕組みになっているということです。 まず、日本の低金利政策は有名で、もう何年も続いています。低金利が当たり前で、高金利の時代なんか生まれてこの方知らんという人もいるかもしれません。 ドルの金利が下がったといっても、金利面でみたら、円も低金利。 しかし、その差が相対的になくなってくるというのは、「ドルキャリー」取引が増えてくる要因になります。 結局、ハードカレンシー(国際決済通貨)といわれるいくつかの通貨があります。ドル、ユーロ、そして円も含まれます。 この中で、「相対的に不安がなく、安定してるんじゃ?」という、判断が市場にありますと、円に人気が集中します。 おまけに、金利差がさほどではなくなれば、円を買うハードルは低くなります。 ということで、「ドルキャリー」取引と、円ドル相場とはこのような関係をもっているわけです。

円キャリー取引とは

スポンサードリンク
 
プロフィール

shusei.jpg

自己紹介:トラくん
日々賢くお金を管理できるようまめに家計簿をつけてます。少しでもリスクを減らしてお金を増やすために勉強してます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。