外国為替取引ってなに?:ドル換金の賢い方法

外国為替取引ってなに?

まず、言葉として「外国為替取引」というものを聞いたことがないという人はいないだろう。 では、これが何を意味しているかというと、言葉に詰まるわけですね。 まずは、ここではその意味と基本的な知識について触れていきます。 まず、「為替取引」というのはなんですか?要するに直接「現金」を使用しない取引ですね。 そこに「外国」がくっつく。 別に外国を取引するわけではなく、取引が、日本国内ではなく国外に飛び出した場合に「外国為替取引」と言うわけです。 次に、「外国為替市場」と言う言葉。 これもまあ、新聞やテレビを見ていれば目にする言葉ではあります。 基本的には、円とか、ドルとか、ユーロとか、世界中の通貨を売買する市場のことですね。 そして、この話題が出てくれば、「外国為替相場(外国為替レート)」、「円高・ドル安」、「円安・ドル高」といった言葉が出てくるわけですね。 このあたりの言葉が本当に、基本中の基本になるわけです。 まず、「外国為替相場(外国為替レート)」というのは、2つの国の通貨の交換比率です。ドルと円でいえば、100円で1ドルが交換できますとか、 80円で1ドルが交換できますとか、その金額のことをいいます。 そして、この「外国為替相場(外国為替レート)」というのは常に変動します。 で、話を戻しまして、この「外国為替相場(外国為替レート)」の変動の仕方によって、「円高・ドル安」、「円安・ドル高」と言う言葉を使います。 まず、「円高・ドル安」とは、円のドルに対する価値が高くなることです。逆に言えば、ドルの価値が下がること。 今まで90円で1ドルが交換できたものが、80円で交換できるようになることを「円高」といいます。 「円安・ドル高」とは、その逆ですね。円のドルに対する価値が下がってしまうこと。逆に言えばドルの価値が上がることです。 1ドル80円で交換できた円が、100円ないと、1ドルに交換してくれなくなる。これが「円安」ですね。 なぜ、このような変動が起きるのかは、様々な要因があります。 その国の経済状態や金利政策など、本当に様々な要因が複雑に絡みますので、このあたりは、これからしっかりと勉強してみてください。

為替相場入門

スポンサードリンク
 
プロフィール

shusei.jpg

自己紹介:トラくん
日々賢くお金を管理できるようまめに家計簿をつけてます。少しでもリスクを減らしてお金を増やすために勉強してます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。