円キャリー取引とは:ドル換金の賢い方法

円キャリー取引とは

円キャリー取引とは、円を借り入れて、相場や証券、一般金融資産などを入手し、一定間保持して、その間の価格変動を見ながら、資産を売却。 その差額を利益とする取引です。 日本の長期にわたる低金利政策で、円の借り入れの金利は低水準なわけです。 2006年7月にゼロ金利政策は一応解除されましたが、それ以降も相対的に低金利であるという事実は変わりません。 この円キャリー取引は、単純に言ってしまえば、円を借りて、それをもっと金利の高い通貨に変えて運用するというようなものです。 しかし、日本の金利が相対的に低いといっても、各国の経済情勢も良くはなく、その差は相対的に埋まってきます。 そうなると、この取引を行っていた金融機関などは、早めに円の回帰を進めていきます。 そして、それが更に円高を生んで、更に、円買いの動きを加速するといった円高へのアクセルが踏まれていくのです。 こうなると、円の買戻しは止まることなく、円高ドル安へと進むことになります。 ドルら円への換金が多くなっているという取引の結果が円高であるわけです。 円高という状況は市場が円を買い戻す状況になっているわけですね。 そうなれば、「円キャリー」取引というものはかなりリスクが高いものになっていると言えます。 結局、日本の低金利と、円が相対的な安値であることが前提で実施されるものですので、円高ドル安の見通しに変更がない限りリスクは高いと言わざるを得ないものでしょう。

円キャリー取引とは

スポンサードリンク
 
プロフィール

shusei.jpg

自己紹介:トラくん
日々賢くお金を管理できるようまめに家計簿をつけてます。少しでもリスクを減らしてお金を増やすために勉強してます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。